2017年秋季アニメ感想

あけましておめでとうございます。yawatanoです。

新年になったばかりで何ですが、2017年秋季アニメの感想です。

 

完走したのは宝石の国キノの旅でした。

宝石の国は3DCGアニメだったので最初は見るか迷っていたのですが、見始めると独特な世界観に引き込まれ、キャラクターも最初こそCG特有のヌルっと感が苦手だったのですが、可愛くて仕方なくなりました。

アイカツやプリパラを見ていても思うのですが、キャラクターを2Dのイラスト通りに3Dで可愛く動かすことは出来ているので、あとはヌルっと感さえなくなれば完璧だなあ、と思います。

キノの旅は前回のアニメが割と好みだったので、再アニメ化は心配だったのですがキノ役の悠木碧さんが前作のキノに声を似せていたので初回から安心して見ることが出来ました。

あとはキャラクターの作画を黒星紅白さんの色遣いを忠実に再現していていいなあ、と思いました。

 

途中まで見ているのは少女終末旅行銀魂ポロリ編、おそ松さん2期です。

少女終末旅行は原作既読ですが、アニメ化してよかった作品でした。

音響と音楽がとにかくすばらしい。

宝石の国もそうだったのですが、今季のアニメはBGMが良いアニメが

多かった印象です。

直接的な下ネタが多かった印象がありますが、銀魂おそ松さん

いつも通りでした。

 

今年もこんな感じで日記を書いていこうと思いますので、お付き合いいただければ幸いです。今年もよろしくお願いします。