酒を飲みながら酒まんがを語る

どうもyawatanoです。

前の記事についてはコツコツ書いています。

前回の更新のあと、アクセス解析(ブログに元々付いている)を見たのですが

訪問者が8名もいらっしゃいました。

大した記事も書いていないのにありがたいことです。

むしろどうやってこのブログにたどり着いているのか…。

 

ちなみに8名のうち1人は自分がスマホで見た時のものです。

パソコンで確認しながら書いているので、レイアウトが酷いものでした。

そのうち対策を考えます。

 

 

今回はタイトル通りの記事です。

現在酒を飲みながらこの記事は書いています。

上の文章も飲みながら書きましたが、訪問者数は正確なものです。

ちなみにいま飲んでいるのは井上酒造さまの小田原北条という日本酒です。

冷や酒(20~25℃前後)で飲んでいるのですがウマーイ

全体的に酔っぱらった勢いで書いているので、

色々責任は持ちません。責任は明日の自分が取ってくれるはずです。

 

 

酒を飲みながら酒まんがを読むならあまり難しいウンチクを述べず、

気楽に酔っぱらいながら読めるようなマンガがベストだと

自分は勝手に思っています。

なぜならアルコールが回るとあんまり難しい話は頭に入ってこないから。

 

 

そんな訳で最近の酒まんがでベストヒットだったのは

コミックアーススターで連載されているルーツビアです。

comic-earthstar.jp

作者は同じくアーススターで連載されているてーきゅうの原作者ルーツ先生。

この漫画の何が良いって酔っ払いの表現がリアルなところ。

ホームページで見ることの出来る2話を見てみると、

酒が無くなってもうやめればいいのに、酒とつまみを買いに行っちゃう。

呑兵衛ならずとも酒を飲んだことのある人は全員共感出来るのではないでしょうか。

 

たまに酒のウンチクは入りますが、8割はそんなの関係ねえ話なので

酔っぱらいながら読むには最適な一冊であるでしょう。

最近コミックスも発売されたので気に入ったら買ってみてください。

 

 

※この記事を書く間、2合の酒が消費されました。